読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Star Guardian~second season~】

Twitter身内企画【Star Guardian】の説明や、キャラの名簿纏めやらの管理用ブログ/ブログに掲載されているイラスト、設定すべて無断転載禁止/ No reproduction or republication without written permission.  本站内图文请勿随意转载 本站内圖文請勿隨意轉載  게시물 무단 전재 복사 배포 등을 금지합니다

【必読事項】

f:id:kounorei:20160609173400j:plain

※当ブログはTwitter身内企画【Star Guardian~second season~】というオリジナル創作メインのブログとなっております。

 

オリジナル創作が苦手な方はここでブラウザバックお願いいたします

 

・元はE★エブリスタでの企画物でありましたが、2016年4月を持って、Twitterでの身内企画(世界観を引き継いでのゆるふわ創作)として制作させてもらいました。

なお、一期と二期を管理しているのは同一人物者である、【あーるぐれぃ】(または【紅乃れぃ】)です。

SGの世界観は私の創作物であるため、無断転載・自作発言は禁止です。おやめください。

 

・また、SG世界観で作ってくださったお子様達のプロフ絵とキャプションを親御様からお借りしております。その際にTwitterのアカウントも一緒に掲載させて頂きたく思います。

このイラスト等や設定等々は、親御さんの著作物にあたるため、上記と同じように無断転載・自作発言禁止です。見つけ次第それ相応の機関に訴え出ますのでなにとぞご容赦ください。

No reproduction or republication without written permission. 

本站内图文请勿随意转载 本站内圖文請勿隨意轉載 

게시물 무단 전재 복사 배포 등을 금지합니다

 

■世界観について→ http://sg2ki.hatenadiary.com/entry/2016/04/09/185240

 

※イラストの素材枠、pixivからお借りしました!

広告を非表示にする

【作成者】あーるぐれぃ(@keinmywife90)

f:id:kounorei:20170402182219p:plain

【名前】素戔嗚 尊 (スサノヲ ミコト)
【性別】男
【年齢】22歳
【所属】都市・Sun 軍師
【身長/体重】179cm/標準より重め
【一人称/二人称】「オレ」/アンタ、テメェ、ニンゲン、
(対アマテラス)姉御、(対ツキヨミ)兄者

【能力】神器・草那芸之大刀(クサナギノタチ)
荒神と呼ばれた所以を体現したもので、圧倒的な攻撃力とパワーを誇る大剣。
一振りで地面が裂け、地響きを立てながら衝撃を周囲に振りまくほどの威力。斬り裂く、というより叩き斬るという動きの方がこの神器の本領を発揮出来る。
(この神器はアマテラスやツキヨミのような能力的な要素は少なく、どちらかというと無能力者が武器を振るうのに近しい。しかしパワーや威力が通常手に入る武器とは比にならない辺りは神の武器と言われるだけあるだろう)

しかし、振るう際にいくらか隙が出来るため、防御はほぼほぼ皆無と言っていい。また、この神器は自分より格上の神(アマテラス、ツキヨミ)が居ない時に本領発揮できるため、アマテラスとツキヨミと同行すると威力が下がる。そのため、三人は一緒に動くことは滅多に無い。
(この能力を使う際、何かしらのデメリットがあるのだが、それは追々Twitter上にて公表します。現時点では気絶するなどといった身体的なデメリットは発見されていない)
┗【武器】(太刀は武器ではなく、能力としてカウントされるため、無し)
(:攻撃タイプ)

【恋愛対象】無し

【性格・備考】
豪快かつ、粗暴。氏子や氏神の話を聞かないどころか、アマテラスやツキヨミの話でさえ聞かないこともある破天荒ぶり。

姉のアマテラスや兄のツキヨミよりも人間味があり、喜怒哀楽も激しい方。しかし、人の命に対して価値を感じていない。この辺りは、"スサノヲ"としての性格というより、"彼"本人の生い立ちによるものではないだろうか。
戦闘狂で戦闘下に居ないときはどこか不満げで苛ついているため、口調が普段より荒い。

歴代・スサノヲは"再生の呪い"を受けている。どれだけ腕を切り落とされても、脚を斬られたり、撃たれたり、致命傷を負ったとしても驚異的なスピードで再生し、怪我が治癒する。そのため、スサノヲは自分の腕を防具代わりにすることもある。(ただし氏子などを庇うなどすることは無い)

彼の真なる願い・目的は『●●●●●●●、●●●●●●●●●。』
このために彼はひたすらに剣を振るう。…いつしか、何のために振るっているのか理由を忘れてさえも、ただただひたすらに。

【口調サンプル】
「三神が一人、スサノヲ。あーー別に名乗らなくていいよ、興味ねェし、オレ、ニンゲンの名前も覚える気ねェし」

「姉貴の願いも、兄者の企みも興味ねェし、知ろうとも思わねェなあ。オレは暴れられればいいんだよ、単純だろォ?」

「どうした、もう終いかァ?冗談だよなぁ?まだ動けるぐらいには手加減して斬ってやったんだ。もっと楽しませろや!!!」

■戦闘→可
■怪我→○
■流血→○
■瀕死→△
■四肢破損→△
■死亡→×(if△)

【作成者】あーるぐれぃ(@keinmywife90)

f:id:kounorei:20170227113418p:plain

【名前】月夜見 尊(ツキヨミ ノ ミコト)
【性別】男
【年齢】28歳
【所属】都市・Sun 参謀 兼 外交官
【身長/体重】176cm/標準
【一人称/二人称】「私」/貴方、(相手の固有名詞が分かっている場合)「~氏」、人間、
(対アマテラス)姉様、(対スサノヲ)スサノヲ

【能力】神器・八尺瓊勾玉(ヤサカニ ノ マガタマ)
暦の神と呼ばれる所以を体現したもので、時間を司る。
例えば、時間を一瞬止め、相手の行動を阻害したり、時間を止めている間に目の前に弾丸を撃ち込み、解除したときに当たるようにしたり
例えば、時間を一部切り取ってクローズドサークルにしたり
現在の時間と、近い未来の時間に対して干渉が可能な能力。
使用範囲は、ツキヨミの視認出来る範囲内にいる人間ならばすべて対象と出来る。(複数人に時間による干渉攻撃が可能)

しかし、暦の神と言われているが、時間を巻き戻したりすること、過去に干渉することは出来ない。また遠い未来のこと(数年後とか数十年後など)にも干渉は不可能。

また、月の昇る時間帯に強い力を発揮することが出来、日の出てる時間帯は、日が高くなれば高くなるほど不発する可能性が高くなる。
(この能力を使う際、何かしらのデメリットがあるのだが、それは追々Twitter上にて公表します。現時点では気絶するなどといった身体的なデメリットは発見されていない)
┗【武器】拳銃二丁 (勾玉は武器ではなく、能力としてカウントされるため、無し)
(:攻撃/情報タイプ)

【恋愛対象】無し

【性格・備考】
冷徹で、冬の月夜の様に底冷えするような印象を受ける。見目は中性的で、アジア系の顔だちをしており、一見すると女性にも間違われるぐらいの美形。しかし、その顔だちが崩れることは一切無く、氏子をもまるで道具のように扱い、人の命を軽んじて見ている。
目的・任務のためならどんな手段を使う事をも厭わない。例えその方法が数多の犠牲を出すことになっても、都市・Sunにとって一番有益な結果となれば構わない、といった考え方。
不浄を嫌うため、1日に5回は手袋を変えるほどの潔癖。

歴代・ツキヨミは夜に能力の真価を発揮出来るのと同時に、陽の昇らぬ時間のアマテラスの代行を勤めるため、"夜間不眠の呪い"を受けている。
しかし、彼は昼間にも活動しており、実質彼は4~5時間くらいしか寝ていない。

”姉”と呼んでいるアマテラスと同様に、自身を人間としてカウントして居らず、人の命に対して軽視する考えが多々見受けられる。

彼の真なる願い・目的は『●●●●●●●。●●●●●●●●、●●●●●●●●●●●●●●●●●』
この目的を達成するために彼は、とある施設へ莫大な資金提供を行っている。

【口調サンプル】
「統括者の代理として参上しました、月夜見尊と申します。あぁ、無駄話は結構。早速交渉と参りましょうか」

「我々には得意分野というものがあります。姉は制裁と統治、弟は破壊と殲滅、私は…そうですね、二人のやった事実すべてを無に帰すことでしょうか。不都合があったら、消してしまって、無かったことにするのが一番手っ取り早いでしょう?」

「では、逆にお伺いします。貴方は、今までの人生で死に絶えた虫けらに対して何か感情を抱くのですか?私は、人間の命など炉端の石程度にどうでも良いのです」

■戦闘→可
■怪我→○
■流血→△
■瀕死→△
■四肢破損→×
■死亡→×(if△)

【作成者】あーるぐれぃ(@keinmywife90)

f:id:kounorei:20170227004229p:plain

【名前】天照大神(アマテラス オオミカミ)
【性別】女
【年齢】16歳
【所属】都市・Sun 統括者
【身長/体重】155cm/軽め
【一人称/二人称】「わたし」/あなた、人間たち、あの子

【能力】神器・八咫鏡(ヤタノカガミ)
(詳細)太陽光をエネルギーに変え、対象物を消滅させる能力。まともにこの攻撃を喰らえば火傷では済まない大けがを負う。最悪の場合、肉体すら残らず塵と化す程の高熱エネルギー波。攻撃範囲は、アマテラスが視認出来る範囲内。
攻撃だけではなく、アマテラスの周りを取り囲む様にエネルギー波を操れば、外部からの攻撃を焼き払うことも可能。

ただしこの神器は太陽が空に昇っている時のみにしか使用できない。曇天では本来の威力の半減、雨天、夜間では一切の攻撃が出来なくなる。
(この能力を使う際、何かしらのデメリットがあるのだが、それは追々Twitter上にて公表します。現時点では気絶するなどといった身体的なデメリットは発見されていない)
┗【武器】(鏡は武器ではなく、能力としてカウントされるため、無し)
(:攻撃タイプ)

【恋愛対象】無し

【性格・備考】
淡々としすぎており、どこか機械的、もしくは人形のような印象を受ける。人間らしい感情を一切表に出さず、ただ淡々と命を弟たちや氏子に出し続けている。

ツキヨミ、スサノヲのことを「弟(または呼び捨て)」と呼ぶが、実際はこの2人より若い上にこの地位に就いたのも最近である。

二人称で「人間たち」、「あの子」と呼ぶところから、彼女は、特定の人物しか名前を呼ばない。
それは彼女と同じく、人間として生きることを叶わなかった弟2人であったり、アマテラスとしてではなく、彼女本人として何か特別な感情を持つ者だけである。それ以外は名を呼ぶことは無い。
彼女にとっては、自身に仕えている氏子であっても、敵対する者であってもただの人間の戯れ言のようにしか感じ取らない。それ故、罵倒されようが煽られようが、彼女にとっては「虫の鳴き声」にしか捉えないのだ。

彼女の真なる願い・目的は『●●●●●●●●●●●、●●●●●●●●●●●●●
その為に彼女は特定の人物たちに執着しており、干渉を行っている。この真なる願いを知る者は誰も居ない。

【口調サンプル】
「わたしは、アマテラス。この都市を、いいえ、すべてを統べる役目を賜った。それ以上でもそれ以下でもない。これがわたしのすべて」

「興味関心が無いとは言ってないわ。私にだって人間達のしていることに対して気になることぐらいあるし、それを知りたいと思うのなら、どんな手段を使ってでも調べるのは大事だと思わない?…そうね、例え犠牲を払ってでも私が満足出来ればいいわ」

「これは"神器"。貴方たちのような未熟な能力や武器とは違う。神から賜りし宝具。この光で神の御許へ行けることに感謝なさい」

■戦闘→可
■怪我→○
■流血→△
■瀕死→△
■四肢破損→×
■死亡→×(if×)

 

■服詳細

f:id:kounorei:20170227181621p:plain

ベルダンディ・アヌ

【作成者】(モチーフ主様&キャラ設定)杏仁さん(@annindoufu1)

                  (キャラデザ)あーるぐれぃ(@keinmywife90)

f:id:kounorei:20170127000545p:plain

【名前】ベルダンディ・アヌ
【性別】女
【年齢】24歳
【所属】都市・Uranus 空軍総司令
【身長/体重】160センチ/秘密
【一人称/二人称】
 私/貴方、○○さん(基本的には敬称をつけて呼ぶ)/敵などは呼び捨て

【能力】現象能力・熱量操作
┗【武器】サーベル(ただし、ベルダンディにとっては能力を扱う指揮棒としての使用。)
 
『熱量操作』…あらゆる熱量を帯びる物体の「熱量」を操作する能力。
       熱量を増幅、または減少させることが可能。熱だけではなく、冷気に対しても有効。
       (熱量と冷気を同時に操作することは不可。)  

例)火の熱量を下げ、鎮火させる。
  鉄の熱量を上げ、融解させる。
  水の熱量を下げ、凝結させる。

この能力により、空気中の熱量の変化で意図的に突発的な自然現象(雨、風、雷、…等)を引き起こすことも可能。
そしてその「天候操作」は本来の能力である「熱量操作」の隠れ蓑となる。
(余談だが、この能力によって『天候の魔女』とも呼称されるが、本人は意に介していない。)

ただし、デメリットとして、熱量を奪うと体温が上昇、熱量を与えると体温が低下 する。
能力のデメリットへの耐性は人並み以上であるとはいえども、能力の酷使は彼女にとっての諸刃の剣ともいえよう。

(:攻撃タイプ)

 

【恋愛対象】男性

【性格・備考】
都市・Uranusの国民柄を体現したような人物で気高く、聡く、賢く、清廉潔白な人柄。
クールビューティーな見た目も相まって、きつい雰囲気にも見えるが、外面の愛想は良い方。
プライドが高く、他人に対して高慢ちきでそっけない態度も見て取れるが、他人に厳しく自分にはもっと厳しいからである。
それはかつて、今の地位に至るまでの努力という土台があるからこそ。決して他人を蔑んだり、努力をあざ笑ったりは決してしない。
そっけなくしつつも面倒見の良いところもあり、気にかけた人間は生まれた星関係なく、それとなく世話を焼くようだ。
(見た目はクールだが、中身は熱い女。それをおくびにも出していないつもりだが、分かる人には分かる←)

大の紅茶好きで、アフタヌーンティーは欠かさない。例え戦場であろうと。
(打ち解けたらその証としてごちそうしてくれるかも…)
趣味はテディベア集め。
尊敬する姉と溺愛する妹がおり、三人姉妹の次女。特に妹は彼女にとって今現在一番大切な守るべき存在であるため、
子煩悩に近い可愛がりっぷりである。

天王星の特徴柄、常に移動は浮遊・飛行である。歩くことは可能だが、筋力が極端に低いため長時間の歩行や直立は不可能。
(本人は意地でもそんなそぶりはみせないのだが)

 

【口調サンプル】

「なにか?……お気遣いは無用。
…………無用と言っているのが聞こえないの?その車いすは仕舞いなさい。」(足プルプル

「あら、不思議そうな顔で私を見るのね。浮いているのがそんなに珍しい?
天王星では赤子の時から浮くことを覚えるのよ。貴方たちが地に足を踏み出すように、私たちは空を飛ぶの。分かった?」

「そうね…次があれば、天王星原産の特別な紅茶を御馳走してもよくってよ。
…その時は貴方の星の特別なお菓子をもってきて頂戴ね。」

「我が愛しき天上の星々、天空神(ウラヌス)の子よ!ここに集い、輝き、そして革命せよ!
 …………我ら空の民の戦は初見かしら?ならば、とくと見よ。そして熱と共にその胸に焼き付けなさい。」

「………あぁ、寒い…寒いわ。それでも、私は、この熱を絶やすわけにはいかないの。」

 

■戦闘→可能
■怪我→○
■流血→○
■瀕死→△
■四肢破損→△
■死亡→(if△)

 

■服装詳細

f:id:kounorei:20170127213809j:plain

都市・Uranus

◇天空都市。束ねるは天から愛されし誇り高き空軍

 

■代表者…ベルダンディ・アヌhttp://sg2ki.hatenadiary.com/entry/2017/01/28/210712

 

■土地

地球上にあって、惑星のように存在する`浮遊都市'が主な生活基盤とされる。

f:id:kounorei:20170127213837j:plain

f:id:kounorei:20170127213842j:plain

都市・Uranusの中枢は神殿のようになっていてこの土地だけまた浮いており、神聖な未踏の地とされている。祭事等の特別な時期に国の代表(王族)のみ踏み入れることが許される。

また、重力が極端に少なく、山上に居るように酸素濃度も低い。

 

(気候)

穏やかな晴れの日が多い。

季節は秋に近い少し肌寒い気候である。しかし、人間が過ごしやすい気候といえよう。

人々は年中、少し厚手の露出の少ない防寒具を身に着けている。

 

 

(収入源)

飛行技術が全ての惑星の中で最も優れているため、その飛行技術の研究とその知識の提供や飛行物の輸出を他国や他都市に行って収入を得ている。

また、"飛行翼"※ の生成や他では見られない行われており、その飛行翼が高値で取引される。

自都市の能力だけでなく、他都市の能力の研究や開発、教育も行われており、それらの知識を求めてくる人々もいる。その為の学術機関も運営されている。

 

※飛行翼

…都市・ Uranusでしか作られていない科学結晶。他国と国境を持たないせいか、独自の科学進歩を遂げて生まれたものである。

この都市の全住民はこの飛行翼を持つことによって、地面を歩かずに、浮いたり、飛んだりすることで移動することが可能となる。

実際は浮遊させているのではなく、重力操作を可能とする代物。故に、他都市や他国、重力があればどこでもこの結晶さえ持っていれば歩かずに移動することが出来る。

 

これを作られた理由は、かつて、都市・Uranusを統治していたこの都市で一番偉大とされた王が、重力操作の能力者であった。

その能力があまりにも強力だったがために、かの王が亡き後も、その功績を讃え、そして王族信仰の証として、後の世の人々が重力操作について調べあげ、そして"飛行翼"という万人が使える科学結晶として生み出された。

現在は重力操作の能力の遺伝は途絶えており、存在していない。

 

 

(食料)  

基本的には作物の実りに適した気候と土地柄な為、自給自足で賄えることは可能。ただし、近年、他の惑星との交流や人々の出入りも行われ始めたので、輸入や輸出も行われている。

 

 

■人柄

気高く、聡く、賢く、清廉潔白な人柄が多い。

全体的に色素が薄く、一見すると人ならざるような儚げな印象を与える眉目秀麗な人種。妖精的、または神秘的な印象を持つ。また、人相応に年は取るが、実際年齢より若く見られる傾向がある。

それ故に、外からみると冷たい印象と畏怖に近い感情をもたれがちだが、一度、打ち解けると友として、誠実かつ親身に深く長い付き合いを育むことができる。

能力の目覚めや教育レベル、その普及率は老若男女問わずとても高い。

 

 

■都市概要

他国と国境を持たない浮遊都市。

町並みは神聖かつ、潔癖にも感じられる程の白を基調とした美しくも質素な造りで、建造物すべてが浮遊しそこを漂う。

イメージとしては、ギリシャ神話などといった神話の中の街並と、どこか魔法世界の街並を足して割ったような雰囲気。

 

軍隊は主に"飛行翼"の力と、能力者であるなら、この地特有の能力を巧みに扱い、外界からの敵と戦う。

ただし、肉弾戦といった肉体を駆使して戦うことが苦手なため、知力と軍略を駆使して戦うことを美徳とする。

軍施設は強靭な肉体を作る…というよりも、知性と知識、冷静な判断力、そして能力を巧みに扱う精神力を養う場である。

(勿論、基礎的な筋力を養うようなトレーニング環境も完備)

 

 

■能力

この地は【現象能力】というこの地特有の能力がある。

"現象"とは自然現象を指し、雪や雷、台風、はたまた熱などといった、自然で起こりうる現象の一つを能力として宿し、操る能力です。

遺伝型の能力で、鉱石能力の様に能力者に外見的特徴などはないです。もし子孫を残さなくても時を経て別の宿主(ただし、星座能力者と違い、都市・Uranusに住んでいる者に限定されるが)に能力が宿る場合がある。

また、飛行翼の欄で前述した通り、重力関係の現象を能力にするのは無しとさせてもらいます。ご了承ください。

 

一覧にするのが難しい能力なので、「これは自然現象?」というのがありましたら、管理人に聞いてください。

 

 

■備考 

都市・Uranusは浮遊都市という特徴柄、地面というものは存在せず、あらゆるものが浮遊しそこにとどまる。

その性質上そこに住む人々は歩くよりも先に`浮く'`飛ぶ'ことを覚え、それが日常的な移動手段とされる。(歩けないというわけではないが、歩く筋力が極端に少ない人が多い。)※この理由は、飛行翼の説明欄で。

 

かつて、天王星の民は都市そのものや人々の見た目や飛行する性質上、人々や生物達はカルト的な崇拝と畏敬の対象とされ売買や乱獲の対象とされていた。

そのため、天王星は閉ざされ排他的な都市であったが故に、独自の能力開発と文化が育まれたが、近年ようやく外交も行われ、少しずつ他国も受け入れるようになった。

 

都市・Uranusは王族が治める王権至上主義。しかし、それは昔の話であって王族が都市の象徴と最高責任者であることこそ変わらないが、今は有能な人材が政に関わるようになった。

都市は貧富の差が少なく都市の人々の満足度も高く政はいたって順調かつ理想的ともいえる。

 

都市の性質上、未だに他国や他都市に排他的な一面もある。それは都市特有の環境に順応しすぎるが故にそれらに依存して生活していることから、他の都市や国に順応できない人々が多いからとされる。それらが一番の課題と問題点ともいえる。

 

広告を非表示にする

アヤタカ

【作成者】无利さん(@0Jnvg5QiFfA1oPL)

f:id:kounorei:20170116102614j:plain

【名前】アヤタカ
【性別】男
【年齢】36
【所属】無所属
【身長/体重】185㎝/72㎏
【一人称/二人称】俺/お前

【能力】なし
【武器】首狩(特殊な鎌)

f:id:kounorei:20170116102820j:plain


(攻撃タイプ)
円を描いたような鎌
首に引っ掻け狩る
反対側に付いている突起でも攻撃が可能

【恋愛対象】(既婚者のためなし)

【性格・備考】

フェイツの恩人であり、別人格の監視役
交代時の記録係でもある。

両親が病死したため孤児院育ち。
その孤児院で、里親に引き取られた子供の連絡先を職員に聞いても教えて貰えない事が増える。
不信に思い調べたところ、孤児院は人身売買をしている事がわかり、引き取られて行った殆どの子供達が犠牲になっていた事を知る。
共謀した研究者や能力者を憎み
そしてマディスに身を置くことに決めた。

後に同じ審判員と結婚。
子供も授かる。
だが、それも長く続かず、妻子をダークマター能力者に殺されてしまう。
自暴自棄になっていた時に、仕事先で出会った少女を自分の子と重ねてしまい引き取る事に。記憶を失っていたためフェイツと名付けた。


フェイツ別人格からの信頼度は低い
仕事も相談無く勝手に行くため手を
焼いている。

首から結婚指輪二つ通しさげている。
タバコを良く吸っている。


【口調サンプル】

「それ以上堕ちるってんなら、
覚悟は出来てるんだろうな?」

「その価値もない首、さっさと差し出しな」

「フェイツ、役に立ちたいのはわかるが
無理はすんなよ」


■戦闘→○
■怪我→○
■流血→○
■瀕死→△:要相談
■四肢破損→△:要相談
■死亡→×(if△:要相談)
広告を非表示にする