読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Star Guardian~second season~】

Twitter身内企画【Star Guardian】の説明や、キャラの名簿纏めやらの管理用ブログ/ブログに掲載されているイラスト、設定すべて無断転載禁止。常識ですよ/!Reprint is prohibited!

【必読事項】

必読事項

f:id:kounorei:20160609173400j:plain

※当ブログはTwitter身内企画【Star Guardian~second season~】というオリジナル創作メインのブログとなっております。

 

オリジナル創作が苦手な方はここでブラウザバックお願いいたします

 

・元はE★エブリスタでの企画物でありましたが、2016年4月を持って、Twitterでの身内企画(世界観を引き継いでのゆるふわ創作)として制作させてもらいました。

なお、一期と二期を管理しているのは同一人物者である、【あーるぐれぃ】(または【紅乃れぃ】)です。

SGの世界観は私の創作物であるため、無断転載・自作発言は禁止です。おやめください。

 

・また、SG世界観で作ってくださったお子様達のプロフ絵とキャプションを親御様からお借りしております。その際にTwitterのアカウントも一緒に掲載させて頂きたく思います。

このイラスト等や設定等々は、親御さんの著作物にあたるため、上記と同じように無断転載・自作発言禁止です。見つけ次第それ相応の機関に訴え出ますのでなにとぞご容赦ください。

 

■世界観について→ http://sg2ki.hatenadiary.com/entry/2016/04/09/185240

 

※イラストの素材枠、pixivからお借りしました!

広告を非表示にする

ベルダンディ・アヌ

キャラクター

【作成者】(モチーフ主様&キャラ設定)杏仁さん(@annindoufu1)

                  (キャラデザ)あーるぐれぃ(@keinmywife90)

f:id:kounorei:20170127000545p:plain

【名前】ベルダンディ・アヌ
【性別】女
【年齢】24歳
【所属】都市・Uranus 空軍総司令
【身長/体重】160センチ/秘密
【一人称/二人称】
 私/貴方、○○さん(基本的には敬称をつけて呼ぶ)/敵などは呼び捨て

【能力】現象能力・熱量操作
┗【武器】サーベル(ただし、ベルダンディにとっては能力を扱う指揮棒としての使用。)
 
『熱量操作』…あらゆる熱量を帯びる物体の「熱量」を操作する能力。
       熱量を増幅、または減少させることが可能。熱だけではなく、冷気に対しても有効。
       (熱量と冷気を同時に操作することは不可。)  

例)火の熱量を下げ、鎮火させる。
  鉄の熱量を上げ、融解させる。
  水の熱量を下げ、凝結させる。

この能力により、空気中の熱量の変化で意図的に突発的な自然現象(雨、風、雷、…等)を引き起こすことも可能。
そしてその「天候操作」は本来の能力である「熱量操作」の隠れ蓑となる。
(余談だが、この能力によって『天候の魔女』とも呼称されるが、本人は意に介していない。)

ただし、デメリットとして、熱量を奪うと体温が上昇、熱量を与えると体温が低下 する。
能力のデメリットへの耐性は人並み以上であるとはいえども、能力の酷使は彼女にとっての諸刃の剣ともいえよう。

(:攻撃タイプ)

 

【恋愛対象】男性

【性格・備考】
都市・Uranusの国民柄を体現したような人物で気高く、聡く、賢く、清廉潔白な人柄。
クールビューティーな見た目も相まって、きつい雰囲気にも見えるが、外面の愛想は良い方。
プライドが高く、他人に対して高慢ちきでそっけない態度も見て取れるが、他人に厳しく自分にはもっと厳しいからである。
それはかつて、今の地位に至るまでの努力という土台があるからこそ。決して他人を蔑んだり、努力をあざ笑ったりは決してしない。
そっけなくしつつも面倒見の良いところもあり、気にかけた人間は生まれた星関係なく、それとなく世話を焼くようだ。
(見た目はクールだが、中身は熱い女。それをおくびにも出していないつもりだが、分かる人には分かる←)

大の紅茶好きで、アフタヌーンティーは欠かさない。例え戦場であろうと。
(打ち解けたらその証としてごちそうしてくれるかも…)
趣味はテディベア集め。
尊敬する姉と溺愛する妹がおり、三人姉妹の次女。特に妹は彼女にとって今現在一番大切な守るべき存在であるため、
子煩悩に近い可愛がりっぷりである。

天王星の特徴柄、常に移動は浮遊・飛行である。歩くことは可能だが、筋力が極端に低いため長時間の歩行や直立は不可能。
(本人は意地でもそんなそぶりはみせないのだが)

 

【口調サンプル】

「なにか?……お気遣いは無用。
…………無用と言っているのが聞こえないの?その車いすは仕舞いなさい。」(足プルプル

「あら、不思議そうな顔で私を見るのね。浮いているのがそんなに珍しい?
天王星では赤子の時から浮くことを覚えるのよ。貴方たちが地に足を踏み出すように、私たちは空を飛ぶの。分かった?」

「そうね…次があれば、天王星原産の特別な紅茶を御馳走してもよくってよ。
…その時は貴方の星の特別なお菓子をもってきて頂戴ね。」

「我が愛しき天上の星々、天空神(ウラヌス)の子よ!ここに集い、輝き、そして革命せよ!
 …………我ら空の民の戦は初見かしら?ならば、とくと見よ。そして熱と共にその胸に焼き付けなさい。」

「………あぁ、寒い…寒いわ。それでも、私は、この熱を絶やすわけにはいかないの。」

 

■戦闘→可能
■怪我→○
■流血→○
■瀕死→△
■四肢破損→△
■死亡→(if△)

 

■服装詳細

f:id:kounorei:20170127213809j:plain

都市・Uranus

都市説明

◇天空都市。束ねるは天から愛されし誇り高き空軍

 

■代表者…ベルダンディ・アヌhttp://sg2ki.hatenadiary.com/entry/2017/01/28/210712

 

■土地

地球上にあって、惑星のように存在する`浮遊都市'が主な生活基盤とされる。

f:id:kounorei:20170127213837j:plain

f:id:kounorei:20170127213842j:plain

都市・Uranusの中枢は神殿のようになっていてこの土地だけまた浮いており、神聖な未踏の地とされている。祭事等の特別な時期に国の代表(王族)のみ踏み入れることが許される。

また、重力が極端に少なく、山上に居るように酸素濃度も低い。

 

(気候)

穏やかな晴れの日が多い。

季節は秋に近い少し肌寒い気候である。しかし、人間が過ごしやすい気候といえよう。

人々は年中、少し厚手の露出の少ない防寒具を身に着けている。

 

 

(収入源)

飛行技術が全ての惑星の中で最も優れているため、その飛行技術の研究とその知識の提供や飛行物の輸出を他国や他都市に行って収入を得ている。

また、"飛行翼"※ の生成や他では見られない行われており、その飛行翼が高値で取引される。

自都市の能力だけでなく、他都市の能力の研究や開発、教育も行われており、それらの知識を求めてくる人々もいる。その為の学術機関も運営されている。

 

※飛行翼

…都市・ Uranusでしか作られていない科学結晶。他国と国境を持たないせいか、独自の科学進歩を遂げて生まれたものである。

この都市の全住民はこの飛行翼を持つことによって、地面を歩かずに、浮いたり、飛んだりすることで移動することが可能となる。

実際は浮遊させているのではなく、重力操作を可能とする代物。故に、他都市や他国、重力があればどこでもこの結晶さえ持っていれば歩かずに移動することが出来る。

 

これを作られた理由は、かつて、都市・Uranusを統治していたこの都市で一番偉大とされた王が、重力操作の能力者であった。

その能力があまりにも強力だったがために、かの王が亡き後も、その功績を讃え、そして王族信仰の証として、後の世の人々が重力操作について調べあげ、そして"飛行翼"という万人が使える科学結晶として生み出された。

現在は重力操作の能力の遺伝は途絶えており、存在していない。

 

 

(食料)  

基本的には作物の実りに適した気候と土地柄な為、自給自足で賄えることは可能。ただし、近年、他の惑星との交流や人々の出入りも行われ始めたので、輸入や輸出も行われている。

 

 

■人柄

気高く、聡く、賢く、清廉潔白な人柄が多い。

全体的に色素が薄く、一見すると人ならざるような儚げな印象を与える眉目秀麗な人種。妖精的、または神秘的な印象を持つ。また、人相応に年は取るが、実際年齢より若く見られる傾向がある。

それ故に、外からみると冷たい印象と畏怖に近い感情をもたれがちだが、一度、打ち解けると友として、誠実かつ親身に深く長い付き合いを育むことができる。

能力の目覚めや教育レベル、その普及率は老若男女問わずとても高い。

 

 

■都市概要

他国と国境を持たない浮遊都市。

町並みは神聖かつ、潔癖にも感じられる程の白を基調とした美しくも質素な造りで、建造物すべてが浮遊しそこを漂う。

イメージとしては、ギリシャ神話などといった神話の中の街並と、どこか魔法世界の街並を足して割ったような雰囲気。

 

軍隊は主に"飛行翼"の力と、能力者であるなら、この地特有の能力を巧みに扱い、外界からの敵と戦う。

ただし、肉弾戦といった肉体を駆使して戦うことが苦手なため、知力と軍略を駆使して戦うことを美徳とする。

軍施設は強靭な肉体を作る…というよりも、知性と知識、冷静な判断力、そして能力を巧みに扱う精神力を養う場である。

(勿論、基礎的な筋力を養うようなトレーニング環境も完備)

 

 

■能力

この地は【現象能力】というこの地特有の能力がある。

"現象"とは自然現象を指し、雪や雷、台風、はたまた熱などといった、自然で起こりうる現象の一つを能力として宿し、操る能力です。

遺伝型の能力で、鉱石能力の様に能力者に外見的特徴などはないです。もし子孫を残さなくても時を経て別の宿主(ただし、星座能力者と違い、都市・Uranusに住んでいる者に限定されるが)に能力が宿る場合がある。

また、飛行翼の欄で前述した通り、重力関係の現象を能力にするのは無しとさせてもらいます。ご了承ください。

 

一覧にするのが難しい能力なので、「これは自然現象?」というのがありましたら、管理人に聞いてください。

 

 

■備考 

都市・Uranusは浮遊都市という特徴柄、地面というものは存在せず、あらゆるものが浮遊しそこにとどまる。

その性質上そこに住む人々は歩くよりも先に`浮く'`飛ぶ'ことを覚え、それが日常的な移動手段とされる。(歩けないというわけではないが、歩く筋力が極端に少ない人が多い。)※この理由は、飛行翼の説明欄で。

 

かつて、天王星の民は都市そのものや人々の見た目や飛行する性質上、人々や生物達はカルト的な崇拝と畏敬の対象とされ売買や乱獲の対象とされていた。

そのため、天王星は閉ざされ排他的な都市であったが故に、独自の能力開発と文化が育まれたが、近年ようやく外交も行われ、少しずつ他国も受け入れるようになった。

 

都市・Uranusは王族が治める王権至上主義。しかし、それは昔の話であって王族が都市の象徴と最高責任者であることこそ変わらないが、今は有能な人材が政に関わるようになった。

都市は貧富の差が少なく都市の人々の満足度も高く政はいたって順調かつ理想的ともいえる。

 

都市の性質上、未だに他国や他都市に排他的な一面もある。それは都市特有の環境に順応しすぎるが故にそれらに依存して生活していることから、他の都市や国に順応できない人々が多いからとされる。それらが一番の課題と問題点ともいえる。

 

広告を非表示にする

アヤタカ

キャラクター

【作成者】无利さん(@0Jnvg5QiFfA1oPL)

f:id:kounorei:20170116102614j:plain

【名前】アヤタカ
【性別】男
【年齢】36
【所属】無所属
【身長/体重】185㎝/72㎏
【一人称/二人称】俺/お前

【能力】なし
【武器】首狩(特殊な鎌)

f:id:kounorei:20170116102820j:plain


(攻撃タイプ)
円を描いたような鎌
首に引っ掻け狩る
反対側に付いている突起でも攻撃が可能

【恋愛対象】(既婚者のためなし)

【性格・備考】

フェイツの恩人であり、別人格の監視役
交代時の記録係でもある。

両親が病死したため孤児院育ち。
その孤児院で、里親に引き取られた子供の連絡先を職員に聞いても教えて貰えない事が増える。
不信に思い調べたところ、孤児院は人身売買をしている事がわかり、引き取られて行った殆どの子供達が犠牲になっていた事を知る。
共謀した研究者や能力者を憎み
そしてマディスに身を置くことに決めた。

後に同じ審判員と結婚。
子供も授かる。
だが、それも長く続かず、妻子をダークマター能力者に殺されてしまう。
自暴自棄になっていた時に、仕事先で出会った少女を自分の子と重ねてしまい引き取る事に。記憶を失っていたためフェイツと名付けた。


フェイツ別人格からの信頼度は低い
仕事も相談無く勝手に行くため手を
焼いている。

首から結婚指輪二つ通しさげている。
タバコを良く吸っている。


【口調サンプル】

「それ以上堕ちるってんなら、
覚悟は出来てるんだろうな?」

「その価値もない首、さっさと差し出しな」

「フェイツ、役に立ちたいのはわかるが
無理はすんなよ」


■戦闘→○
■怪我→○
■流血→○
■瀕死→△:要相談
■四肢破損→△:要相談
■死亡→×(if△:要相談)
広告を非表示にする

フェイツ

キャラクター

【作成者】无利さん(@ 0Jnvg5QiFfA1oPL)f:id:kounorei:20170116102257j:plain

【名前】フェイツ

【性別】女
【年齢】19
【所属】無所属
【身長/体重】170㎝/68㎏
【一人称/二人称】私/さん.くん(仲間)
許可があれば呼び捨て
あなた(敵対)

交代後 俺/呼び捨て.おっさん.お前(敵対)

【能力】なし
【武器】刀(二本)

(攻撃タイプ)

【恋愛対象】男

【性格・備考】

出身地は聞かれても言おうとしない。
一部では
以前起きた流星の襲来で研究者に産み出されたダークマター能力者に両親を殺され、ショックで記憶を無くしている。
出身地を言わないのではなく言えない。

などあるが定かでなく唯一知っているのは彼女が恩人と呼び接しているマディス内の人物。今の名も恩人から貰った。

仲間や恩人には糸目の笑顔で口元も緩んだ表情が基本だが審判者の仕事となれば笑顔が消え眼も開き(色は赤)
"異端者には死を"と冷酷な表情で武器を振りかざす。

二重人格者であり
唐突に別人格の男性が出て来る。
彼は名乗らず命名も拒んでいるため名無しである。
またフェイツの事を俺と言う
見分ける方法は難しいが
バレッタを外し、ネクタイを弛め始めればほぼこの人格で間違いない。

フェイツと同じかそれ以上に冷酷で残酷な
思考を持つ。
この人格が出るとその後の記憶は残らず
また人格同士の会話も出来ない。

その対策として幾つかの決まりを作ったり恩人に監視役をお願いしているが
なかなか聞いてくれず困っている様子。

あまりいい教育を受けて無かったせいか頭が良くない。
無理に話を合わせようとするので返答がおかしくなる。

【口調サンプル】

「良くないです…良くないですよ…
その思想は…罪を償いたいと言うのなら…
…死んで頂かないと…」

「異端は許すべきではありません
その異端を支援するあなた方も
同罪ですよ?…」

「私には難しい事は分かりません
でも、あなた方は異端者と判断されました…異端者には死を…あぁ、安心してください?…仲間外れにはしませんから…独りは寂しいですからね」

別人格

「どーも俺(フェイツ)じゃ無くて
すみませんねぇ?」

「お前には死んでもらいましょうか」

「安心しろ、なにもお前だけに償わせる訳じゃない、お仲間もすぐに連れてってやるからさぁ」


■戦闘→○
■怪我→○
■流血→○
■瀕死→△:要相談
■四肢破損→△:要相談
■死亡→×(if△:要相談)

 

f:id:kounorei:20170116102347j:plain

f:id:kounorei:20170116102349j:plain

f:id:kounorei:20170116102351j:plain

広告を非表示にする

ルシファー

キャラクター

【作成者】あゆみさん(@ayumu167)

f:id:kounorei:20170109142233j:plain

【名前】ルシファー(偽名)
【性別】男
【年齢】18歳
【所属】都市・Pluto居候(元 都市・Earth住民)
【身長/体重】175cm/平均より軽め
【一人称/二人称】僕/きみ、呼び捨て

【能力】星座能力・カシオペア座
┗『傲慢王』
(詳細)屈服した相手のみ洗脳できる能力。ルシファーが言ったことが絶対になる。常識改変能力。
洗脳時間が短いほど絶対となりやすい。長くなると、ある一定時間を越えると少しずつ疑心を持たれるようになる。
複数人に使用可能だが、洗脳時間が短くなり疑心を持たれやすい。
(具体例)
「12時に〜する」の場合
毎日12時に洗脳状態となり行動してしまうが、それ以外の時間は洗脳状態ではない。
「〜する」の場合
時間が指定されていないため、常に洗脳状態となる。

洗脳状態の人間は、その行動をする事になんの疑問も持っていない。それが当然の事であり、常識であり、普遍であると思っている状態。例えば「あなたと私は兄弟だ」と言われれば、その事が普通だと思ってしまうようになる。
能力解除方法は、ルシファーが意図的に解除するか、疑心を募らせ己で気づき洗脳を解くか、洗脳条件を達成するか(命令系洗脳等)しかない。

【武器】拳銃と剣

(:攻撃タイプ)

 

【恋愛対象】男女
【性格・備考】
口調、所作等がとても丁寧で一見すると育ちの良い好青年。
その実、己に絶対の自信を持っており自分以外の人間を下に見ている。周りの人間は僕のように完璧でない不完全な生き物なのだから、僕が手を差し伸べてやらなければいけない…くらいに思っている。ナルシスト、自信家、自分大好き人間。
頭も良く、身体能力も高い。
天才気質で何をするにも人より出来てしまう。その為こんな性格に…。
一応ジョークも言えるし、感情表現も人並みにする。
都市Earthの元住人でルーク・エヴァーツの双子の兄。エヴァーツ家では星座能力・山羊座を持つものが代々当主となるため、生まれた時点で当主候補から外されている。昔から何でも出来ていたが、当主候補ではないゆえに周りから憐れみの目で見られていた。彼自身は当主にこだわりは無かったが、エヴァーツの名、周りの憐れみ等が煩わしくなり数年前に何も告げずに家を出る。現在は主にPlutoを拠点に様々なルートで収入を得てかなりの資金を蓄えている。
ノアさんの端末の一人。とくに資金に困ってはないが、ノアさんに協力する事は一つの良い暇つぶしだと思っている。娯楽の一環。

【口調サンプル】
「僕はルシファー。当然偽名だよ」
「人とは失敗する生き物だ。出来ない事だって沢山ある。気に病む必要はない」
「何を言ってるんだ?僕が言う事は絶対であり、必然だ。間違いの有無とか、そんな次元の話じゃないんだよ。僕がルールとでも言えばきみでも理解出来るかな?」
「ノアの依頼は毎回良い暇つぶしになる。僕自身、暇を持て余してるからな」

■戦闘→可
■怪我→○
■流血→○
■瀕死→△(要相談)
■四肢破損→×
■死亡→×(if○)

広告を非表示にする

レヴィア

【作成者】あーるぐれぃ(@keinmywife90)

f:id:kounorei:20170106235152p:plain

【名前】レヴィア
【性別】男
【年齢】17歳
【所属】都市・Pluto居候(元 都市・Saturn住民)
【身長/体重】166cm/軽め
【一人称/二人称】「俺」/きみ、あんた、呼び捨て

【能力】創作能力・贋作
┗『贋作家-フェイカー-』
(詳細)他者の作品(レヴィアからすれば「素晴らしいと思えば刀、銃、槍…すべての形を成す武器と呼ばれるものも俺からしたら"作品"だ」とのこと)を模造する能力。
真作より強度はこそは劣るが、壊れれば再び作成可能なので、即座のリカバリーで対応できるうえ、技術は能力者の腕前で左右されるので、下手をすれば「真作より強い贋作」になる可能性も無きにしもあらず。(強度を高めることは出来ると言えば出来るが、レヴィアの信念として、「見た目を真作と全く同じ美しさにする」という方に重きを置いてるので、どうしても強度が劣ってしまう)

また、レヴィアが作りだした贋作は、レヴィアが「もっとこうすれば素晴らしくなるのに」という願望も込めることができ、改造が可能。(例:大振りの刀を模造した際、「この切れ味のまま、長さが短く、二刀流にすればもっと手に馴染むのに」と思えば、レヴィアが持っている贋作だけに限るが、その場での改造が可能。もちろん真作の方に影響は出ない)
この能力で作られた"作品達"は、壊れなければ存在出来るので、武器複製などに長けているといえる。ただし、レヴィア曰く、「俺は職人ではなく、芸術家だ」と言って聞かない。また、この武器を売ろうとするのならば彼の怒りの琴線に触れる。

デメリットとしては、精神汚染や空間支配系など、"実体を持たない"事物を模写することは不可能である。
そして、手や足などといった、コピー相手の身体から生み出される作品や武器は模造しても明らかに劣化するため、レヴィアはすすんで模写しようとしない。

能力の使用のしすぎで手の麻痺から酷くなると四肢の強い麻痺が伴う。
┗【武器】なし(能力で他者の武器を作り上げ、模写するため、彼自身の武器は現時点では存在しない)
(:攻撃タイプ)

【恋愛対象】女

【性格・備考】
口調こそは丁寧だが、物腰はどこか自信家で、自分と"師匠"以外の人を下に見るような態度をとる。外面は良い子を演じているが、本心は人を蔑むような感情を持っていることは日常的。
そんな彼なので、真に認めた相手しか名前を覚えないし、呼ばない。端末内では便宜上という事で名前を呼んでいるが、割と雑な呼び方をしている。

都市・Saturnの元住民。彼自身も例に漏れず芸術家であり、尊敬する師匠の元で日々努力を積んできたが、レヴィアは能力のこともあってか、彼自身が作った真作より、贋作の方が高く評判がついた。師匠からは「努力すれば必ず結果は出る」と言われていたが故に、なかなか真作の方で評価が上がらないことに悩み、そして同年代や同輩が先に売れていくのを見て、ふつふつと『嫉妬』の念が彼の中を支配していった。

現在はノアさんの端末として活動している為、都市・Saturnでは失踪者扱いを受けている。
その際、本名ではなく彼のペンネームである『レヴィア』を名乗っている。
レヴィアの活動目的は「自分よりも優れた作品を模して、真作より優れた贋作を作成者に見せつけ、絶望させる。自分の方が上ということを相手に知らしめたい」というのが大前提である。彼からすれば刀などの武器も(レヴィアが「素晴らしいものだ」と思えば)"作品"として扱われる。

基本的に学習能力や身体能力は高いため、すぐさま武器をコピーして、完璧とまではいかないが容易く扱えるくらいには戦闘能力は備えている。(よく言えばオールラウンダー。悪く言えばどれにも特化して秀でていないという意味)

【口調サンプル】
「嫉妬の端末、レヴィア。ま、この名前はペンネームみたいなものですけど!どうぞよろしく、凡人諸君」

「ノアのところに居る理由?そりゃあ、俺は優秀ですからねぇ!スカウトされたんですよ!そこはなかなか彼も見所があるといえましょう。まあ、だけど…彼のオリジナルを模写することができないのは残念というか、もどかしいと言いますか」

「へぇ、それがきみのオリジナルってわけですか、……あぁ、嫉ましい。あんたのその"真作"、実に嫉ましいくらいに輝いてる。
だから、その真作、盗ませて貰おうか」

■戦闘→可
■怪我→○
■流血→○
■瀕死→○
■四肢破損→×
■死亡→×(if△) 

 

■服詳細

f:id:kounorei:20170106235310p:plain

広告を非表示にする